これらのヒントを利用して簡単に、シグナルレシーバーの設定をしてください!

Forex Copier Receiverを設定するには、Receiver MT4 terminal boxの "設定"を押してください。

フォレックスコピーヤー受信者側の設定

アカウント設定ウィンドウが開きます。

  1. MT4ターミナルパス - ここでは、Receiverターミナルとその名前を変更 することができます。

    フォレックスコピーヤー 2:アカウント名と メタトレーダー4のパスを表示する
  2. ロット/リスク管理 - コピーオーダーのロット計算方法を選択できます。
    この設定を実行するには“カスタムロットサイズを使用する”の設定を チェックしてください。

    フォレックスコピーヤー 2でロットサイズを設定する方法

    ソースアカウントの正確なロットサイズを使用する - この設定をチェックすると、すべての注文が同じロットサイズでReceiverにコピーされます。

    カスタムロットサイズを使用する - このプロパティでは、ロットサイズをいくつかの条件に応じて設定できます。

    • oソース口座からのロットサイズを乗算して、ソースEAが執行する注文には、この値を乗算することになります。 これにより、お客様の要件に合わせて最終的にロットを増減させることができます。

      たとえば、$ 1000の口座がソーストレードとし、あなた口座が$ 50000の場合、元の取引を同じロットサイズでコピーすると、利益が小さすぎますので、乗数50を設定することができます。するとシグナルプロバイダーがロット0.1でポジションを開くと、ロット5のポジションを取得します。

      例えば、シグナルプロバイダーの取引金額は$ 200000、あなたのアカウントは$ 10000だとします。 あなたの口座が同じロットで発注するのは危険ですが、証拠金不足の為、不可能な場合もあります。 したがって、乗数0.2を設定することができます。この場合、シグナルプロバイダーがlot = 10でポジションを開くと、ロット= 2のポジションを取得することになります。もしくは、ロットがMetaTraderの最小ロットよりも小さい場合は、最小ロットが使用されます。
    • oソース/レシーバの資産比率に基づく比例ロット - ソースおよびレシーバの資産に基づいて比例ロットサイズの注文を開くことができます。 これにより、お客様の要件に合わせてロットを増減させることができます。 また、任意の値を掛けることもできます。

      例:ソースアカウントの資産(USD相当額)が10000で元のロットサイズが2で、レシーバアカウントが2000の場合。レシーバアカウントは0.4ロットサイズのオーダーで執行されます。
    • oコピー注文には常に固定ロットを使用する - ロットサイズを設定することができます。 この場合、ソースのロットサイズは無視され、Receiver アカウント側の各注文のロットサイズは入力値に応じて設定されます。
    • Oストップロスに基づくリスク管理を適用する - 特定の注文のリスクを管理できます。 ロットは決済されたリスクパーセンテージによって計算されます。

      例: あなたが資産の1%しかリスクを取りたくない場合、資産から1%のストップロスでトレードが決済されます。

      Copier EAは元のロットでトレードをコピーしますが、リスクのパーセンテージに従ってポジションのサイズを変更します。
    元の注文にはストップロスレベルが設定されてることに 注意してください。
  3. リバースモード - Copierでプロバイダの反対売買をしたい場合は、「リバースモードを使用する。ソースアカウントから反対の注文をコピーする」にチェックを入れてこのパラメータを有効にする必要があります。

    リバースモードを最大限活用する - フォレックスコピーヤー 2

    この場合、Copierはソースのオーダータイプと反対のタイプの注文を行います

    買い注文は売り注文としてコピーされます。
    売り注文は買い注文としてコピーされます。
    ストップ売り注文はストップ買い注文としてコピーされます。
    売りリミット注文は買いストップ注文としてコピーされます・
    買いストップ注文は売りリミット注文としてコピーされます。
    買いリミット注文は売りストップ注文としてコピーされます。

    この機能の詳細については、「リバースモードとは?」をクリックして確認する事ができます。
    リバースオーダーについて詳細を選択する事ができます。

    • リバースストップロスと利確 – このパラメータをチェックすると、ReceiverのストップロスはSourceの利確と等しくなり、逆も同様です。
    • o保留中の注文については、リバースモードのスプレッドを考慮します。 - パラメータが有効な場合、リバース・モードでは、保留中の注文のエントリー価格がプロセッサーのスプレッド値に従って調整されます。 詳細については、以下の表を参照してください。

      ソース レシーバー
      リバースモード
      買いリミット
      売りリミット
      買いストップ
      売りストップ
      売りストップ-スプレッド
      買いストップ+スプレッド
      売りリミット-スプレッド
      買リミット +スプレッド
  4. 損切/利確 この設定では、損切/利確のプロパティを調整することができます。 それを有効にするには、 "損切/利確"ラジオボタンをチェックしてください。

    SL / TP設定の調整 – フォレックステスター2

    損切ピップ - コピーされた注文ごとに固定された損切値を定義します。値はピップ単位で指定する必要があります(JPY以外のペアでは1 pip = 0.0001、JPYペアでは0.01)。

    利確 ピップ コピーされた注文ごとに固定された利確値を定義します。値はピップ単位で指定する必要があります(JPY以外のペアでは1ピップ= 0.0001、JPYペアでは0.01)。

    • o SL(損切) / TP(利確)なしでコピーされたオーダーを開く - この項目がチェックされている場合、ソースの利確と損切の値は無視されます。
    • oエントリー時の価格が異なる場合でもSL / TPは正確にソースアカウント価格によって行使されます。- このプロパティがチェックされている場合は、ソースのアカウントと同じ価格で受取人の口座に利確と損切を行います。
    • o固定SL / TPをピップ単位で設定する - ここでは、ストップロスを定義し、ピップ単位で利益を得ることができます(1ピップ= JPY以外のペアは0.0001、JPYのペアは0.01)。 ソースの注文は、レシーバーアカウントに常にコピーされSL / TPの設定も同時に行使されます。
    例えば、あなたが、損切 = 50 pips、利確 = 30 pipsと設定すると、ソースアカウントは1.0000を行使価格とし、SLを0.9900、TPを1.0010に設定して買い注文を送信します。 しかし、Forex CopierはSLを0.9950、TPを1.0030に設定された通りに変更します。
  5. プライス設定 - 特定の価格枠を設定することができ、注文は指定した価格に到達したときにのみコピーされます。 この設定を有効にするには、[マーケットオーダーを行使/決済する前に、より良い価格を待つ]ラジオボタンをオンにしてください。

    フォレックスコピーヤー 2:注文を執行または、クローする時の価格を調整する

    • O注文行使時の価格調整 – Receiverからの注文に価格枠を設定することができます。

      レシーバアカウントの行使価格は、少なくともソースアカウントの元の行使価格よりも…ピップ優れているはずです。 注文は、落ち着いた時、またはより良い価格のときにのみコピーされます。

      レシーバアカウントの行使価格は、ソースアカウントの元の行使価格と同等かそれ以上である必要があります。 注文はレシーバのアカウントにコピーされます。しかし、ソースアカウントと同じまたはより良い価格になる場合のみです。

      レシーバアカウントのオープンプライスは、ソースアカウントの元のオープンプライスよりも悪くならないはずです。 このケースでは、価格が良い、同じ、または(設定した数のピップ以下)悪くなれば、レシーバアカウントで注文が開きます。
    • O決済注文の価格調整 - レシーバーの決済注文の条件を選択できます。

      フォレックスコピーヤー 2:オープン/クローズのプライス設定

      レシーバアカウントの現在のマーケット価格ですぐに注文をクローズします。 レシーバーの価格にかかわらずソースアカウントが決済した後、注文は自動的に閉じられます。

      決済は価格が少なくとも...またはそれ以上、ソース注文の決済価格より、良い場合は決済します。 この場合、レシーバアカウントの注文は、価格がソースの価格よりも良い場合にのみ決済されます。

      注文の利益が少なくとも... pipsのときに決済する。 設定されたピップ利益を得られた場合に限り、注文は決済されます。
  6. フィルタリング注文 – どの種類の注文をレシーバーアカウントにコピーしないかを選択できます。 フィルタリングオーダーオプションを有効にするには、[ソースアカウントからのオーダーのいくつかを無視する]ラジオボタンをオンにしてください。

    フォレックスコピーヤー 2でコピーしたい注文を選択するのは簡単です

    • oフィルタリングルール - これは、フィルタリングオーダーに関する一般的な情報です。

      ソースの注文価格と現在の市場価格の最大価格差 - コピー処理中にソースとレシーバーの価格が異なるピップ数を設定できます。

      例えば、ソースアカウントの注文が0.9950で開かれ、この設定で値を15にした場合、価格は0.9965以上0.9935未満の場合、レシーバー端末で注文は開かれません。

      数分前またはそれ以前に行使された注文を無視する – この設定では、レシーバーアカウントで執行されるまでの間、注文をいくつかの条件で待つことができる期間を選択することができます。 この設定はデフォルトで60分です。

      通貨ペアフィルタ は、シンボル名で注文をフィルタリングすることができます。 このパラメータをオフにすると、プログラムはすべてのペアの注文を処理します。 このパラメータをチェックすると、指定されたペアのみが処理されます。 通貨ペアを追加するには、「編集」ボタン → 「追加」 → 「保存」をクリックしてください。 この場合、この通貨ペアの注文のみがレシーバーアカウントにコピーされます。

      フォレックスコピーヤー 2:簡略化された通貨ペアの選択プロセス
      コメントフィルタ - コメントに従って注文をフィルタリングできます。 このパラメータがチェックされていない場合、プログラムはすべてのペアの注文を処理します。 このパラメーターがチェックされている場合、指定されたコメントの注文のみが処理されます。 コメントを追加するには、「編集」ボタン → 「追加」 → 「保存」をクリックしてください。

      フォレックスコピーヤー 2のコメントに基づいて注文をフィルタリングする
    • o注文数によるフィルタリング

      現在の注文の数が...以上の場合、新しい注文を無視する – この設定は、レシーバー端末の注文数が定義したパラメータと等しいかそれより大きい場合、レシーバー端末で注文が執行されません。

      例として:「行使中の注文の現在の数が5以上の場合、新しい注文を無視する」を設定します。

      現在、レシーバー端末には2つの買い注文と2つの買いストップ注文 が あります。

      その後、あなたはソースから新しいタスクを得ます(売り注文としましょう)。 この注文は処理されます。

      つまり、合計で2つの買い注文+1つの売り注文+2つの買いストップ注文=5つのタスクがあります。

      その後、ソースから別のタスクが得られるとしましょう、(売りリミット注文)レシーバー端末の注文総数が5であるため、このタスクは処理されません。

      このシンボルの現在の注文数が...またはそれ以上の場合、このシンボルの新規注文を無視する - この設定は、レシーバー端末のシンボルの注文許可数をパラメーターとして定義し、注文数がパラメータと等しいかそれより大きい場合、レシーバー端末で注文が執行されません。

      例として、一つのシンボルの現在の注文数が2以上の場合、そのシンボルの新規注文を執行しないように設定します。

      現在、レシーバ端末に2つのEURUSD買い注文と2つの GBPUSD買いストップ注文があります。

      その後、ソースから新しいタスクを取得します。( USDJPY売り注文とします。)。 すると、この注文は処理されるので、2つのEURUSDの注文 + 2つのGBPUSD注文+  1つドルの注文があることになります。

      その後、プロバイダーから別のタスクが得られます(EURUSDの買いストップ注文としましょう)。EURUSDの注文総数= 2になるため、このタスクは処理されません。
    • o ロットサイズによりフィルタリング
      ロットよりも小さいロットサイズまたは…ロットより大きいサイズの注文は無視する。 – この設定により、注文が処理されるロットフレームを定義することができます。
      例として:「ロットサイズが0.5ロット未満または3ロットを超えるオーダーを無視する」を設定すると、0.5から3ロットまでのオーダーが実行され、ロットサイズが0.4か5ロットのオーダーはレシーバアカウントにコピーされません。
      現在の注文のロットの合計が...またはそれ以上の場合、新しい注文を無視する – ロットの最大合計を定義する。
      例として、「現在の注文のロットの合計が10以上の場合、新しい注文を無視する」を設定できます。 したがって、レシーバーアカウントに7つの注文がある場合:
      3つの売り注文で2ロット
      4つの買い注文で1ロット
      この場合、ソースのロットサイズがいくつであろうと、注文が処理されません。 しかし、現在の注文のうちの1つが削除されると、次の注文が処理されますので注意してください。
  7. 緊急停止 – いくつかの状況が発生した場合に取引を停止するパラメータを設定することができます。 このプロパティを有効にするには、「緊急停止を使用する」をチェックする必要があります。

    フォレックスコピーヤー 2で緊急停止を設定する方法

    • o資産レベルが...(あなたのアカウントの基本通貨)未満の場合、コピーを停止する – このオプションを有効にすると、Copierはレシーバアカウントの資産レベルが、一定以下の場合、注文をコピーしません。 このオプションを有効にするには、チェックする必要があります。
    • oドローダウンパーセンテージが…より大きい場合、コピーを停止する – このオプションを有効にすると、レシーバアカウントのドローダウン率がある値を超えた場合にCopierはソース端末からの「新規注文」シグナルの受信を停止します。 ドローダウンは、現行の資産と過去の最高資産の比率をパーセンテージとして計算されます。 このオプションを有効にするには、チェックする必要があります。
    • oドローダウンバリューが...(あなたの口座の基本通貨で)以上、の場合、コピーを停止する – このオプションを有効にすると、レシーバアカウントのドローダウン値がある値を超えた場合、Copierはソース端末からの "新規注文"の受信を停止します。 このオプションを有効にするには、チェックする必要があります。
      上記の条件のいずれかが満たされている場合は、すべてのオーダーを終了します。もし、この設定がチェックされていると、これらの条件のいずれかが発生した場合、すべてのオーダーが直ちに閉じられます。
  8. イベントサウンド - 注文、またはいくつかの変更が発生したときに再生されるサウンドを定義します。 ドローダウンメニューをクリックしてサウンドを選択してください。

    フォレックスコピーヤー 2プログラムでイベントサウンドを設定する方法

    コピー、変更、注文クローズ時のサウンドを選択する -フォレックスコピーヤー

    • o "Copy market order"サウンド - この設定では、新しい新規注文が執行されたときに再生されるサウンド(たとえば、OpenSnd.wav)を定義します。 サウンドファイルは "\Sounds\" フォルダに保存する必要があります。サウンドファイルは *.wav形式でなければなりません。"
    • o "保留中の注文をコピー"サウンド - 新しい保留中の注文が執行されたときに再生されるサウンドを定義します。 サウンドファイルは "<MetaTrader>\Sounds\"フォルダに保存する必要があります。サウンドファイルは*.wav形式でなければなりません。
    • o「注文の変更」サウンド - オーダーが変更されたときに再生されるサウンドを定義します。 サウンドファイルは "<MetaTrader>\Sounds\"フォルダに保存する必要があります。サウンドファイルは*.wav形式でなければなりません。
    • o「注文を閉じる」サウンド - 何らかの注文が閉じられたときに再生されるサウンドを定義します。 サウンドファイルは "<MetaTrader>\Sounds\"フォルダに保存する必要があります。サウンドファイルは*.wav形式でなければなりません。
      解決したサウンドを再現するには、端末で設定を有効にする必要があります(ツール → オプション → イベント → 有効にする)。
  9. コメント管理 – この設定では、コピーされた注文に添付するコメントを選択できます。

    フォレックスコピーヤー 2:コメント管理メニュー

    • o ソースからの元の注文番号をレシーバーにコメントする。 この場合、Copierは元の注文チケットをコピーされた注文コメントに入れます。
    • o ソースからの元のコメントをレシーバーのコメントに入れます。 この設定をチェックすると、コピーされたすべての注文にソースのコメントが付きます。
      例として:ソースの注文に12345のコメントがあります。 この設定がチェックされている場合、レシーバーアカウントの注文に12345のコメントがコピーされます。
    • o レシーバーのコピーされた注文毎に同じコメントを設定する - すべての注文に共通のコメントを設定できるようにする。
      例として、レシーバーアカウントにコピーされた注文とこのアカウントで執行された注文を区別したい場合に活用できます。
  10. アドバンス設定 – もしあなたが高度なユーザーでない場合は、変更することはお勧めしません。

    • o スリッページ- シグナルがMetaTraderサーバーに送信されるときに使用されます。 スリッページは、MetaTraderサーバーに送信された価格と実際の執行価格との最大の差を定義とします。
      スリッページが小さすぎると、Copierは何度も注文を執行しようとします。 スリッページが大きすぎると、大きい差額でソースアカウントとレシーバーアカウントの注文を執行してしまいます。 スリッページはpipsで定義され、JPYペア以外の場合は1 pip = 0.0001、JPYペアの場合は0.01となります。
    • O シンボル名のマッピング - 全く異なる名前の通貨の注文をコピーすることができます(XAUUSD → GOLDなど)。 Forex Copierにはマッピングシンボルのデフォルトリストがありますが、「編集」ボタンをクリックすることで新しいシンボルを追加したり削除したりすることができます。
    • oシンボル名の自動調整を許可する - この設定を 有効にすると、Copierは通貨ペア名を自動的に調整できます。 この場合、[接頭辞の追加]フィールドと[接尾辞の追加]フィールドを無効にする必要があります。 例として、ソースとレシーバーアカウントのブローカーで通貨ペアの接尾辞に違いがある場合、Copierは通貨ペア名を自動的に調整します。
      変更例:、「EURUSD」→ 「EURUSDfx」、「EURUSD」→ 「EURUSD」または「EURUSDfxf」 → 「EURUSDa」など。
    • o手動のシンボル名管理 - 通貨ペア名を接尾辞と接頭辞で手動で調整することができます。(自動調整シンボル名の設定を無効にする必要があることに注意してください)。

      フォレックスコピーヤー 2の詳細設定を調整する方法

      このプレフィックスをコピーした注文のシンボル名に追加する - このアカウントの通貨名のプレフィックスを指定できます。
      コピーした注文のシンボル名にこのsiffixを追加する - このアカウントの通貨名のサフィックスを指定できます。
      例:ソースアカウントがEURUSDfxシンボル名で注文を開く場合は、 "fx"を付けて、この接尾辞をコピーした注文のシンボル名に追加する必要があります。 この場合、コピーは正常に進行します。
    • o情報ラベルをチャートに表示する - この設定では、チャートのラベルを表示するかどうかを選択できます。 情報ラベルは、チェックボックスがオンの場合、MT4に緑と黄色の色で表示されるテキストブロックです。

      フォレックスコピーヤープログラムで情報ラベルを有効/無効にする
    • o高度なログを書き込みます - このパラメータがチェックされている場合、Copierはログファイルに詳細な情報を書き込みますが、このパラメータはデバッグの目的で使用されます。
  11. 要約 - この挿入図では、選択したすべての設定が表示されます。 それらを見て、このソース端末のコピー設定を分析または編集することができます。 [すべての詳細を表示]をクリックして設定の完全なリストを開きます。

    ォレックスコピーヤー 2:サマリーメニュー